デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージ最近、屋外や交通機関、店頭などできれいな写真や動画が流れているディスプレイが目に入る機会が多くなったと感じませんか?
このディスプレイを使って情報を配信するシステムのことを
「デジタルサイネージ」と呼びます。
デジタルサイネージをイメージしやすい場所は、JR東日本山手線車内のトレインチャンネルが一番お分かりいただけるかと思います。
このデジタルサイネージが紙媒体の広告に変わる新しい情報提供ツールとして非常に注目を浴びています。

デジタルサイネージのレンタル・リース初期費用を抑えてデジタルサイネージを導入できます。

デジタルサイネージの4つの利点

今まで宣伝広告といえば、紙媒体が主流でしたが、徐々にデジタルサイネージに移行しつつあります。
その要因としましては、以下のような利点があるからです。

利点1 ターゲットを絞った広告

テレビやインターネットのように不特定多数に向けて情報を発信するのではなく、設置場所の視聴者にターゲットを絞り込むことにより、焦点を絞った広告効果が期待できます。

利点2 常に最新の情報を配信

情報を表示させる時間軸を操作できるので、随時配信・変更が可能となり、最新の情報をお客様にお届けすることが可能となります。

利点3 手間がかからない

ポスターや横断幕のような印刷物は取替えの手間がかかりますが、デジタルサイネージなら、パソコンで情報の切り替えが出来ますので、お手間をとらせません。

利点4 動画で情報配信が可能

静止画の切り替え画像はもちろんですが、動画で情報を配信することも可能です。
動画配信は静止画より視聴者の注目度が高まります。